合宿免許の期間

合宿免許で免許を取得する場合、期間はどれくらい必要なのでしょうか?合宿免許の場合、最短の平均的な日数は、マニュアル車の場合で16日間、オートマ車に限定すると14日間です。

では、合宿免許の場合はどうしてこのように短期間で免許が取得できるのでしょうか?これには理由がいくつかあります。

まず、教習を集中して毎日受けることができることです。車の運転の場合は慣れが大切です。教習を通いで受ける場合には、何時間も毎日運転ができませんが、合宿免許の場合にはこれができます。さらに、学科面においても学科講習が続けてあるため、一度に覚えることが可能です。

このような理由の他には、環境が違っていることがあげられます。普段の生活に煩わされないで、勉強を集中して行うことができます。やはり、わざわざそのために合宿まで行っているため、気合も入ってきます。

ちなみに、先にご紹介した合宿免許の最短の平均的な日数は、一番スムーズに進んだ時の日数であるため、合宿免許の最短の平均的な日数で誰でも免許が取得できるということではありません。もちろん、一人ひとりが努力することが必要になります。合宿免許は長い期間になった場合でも料金が追加でかかりませんが、一方卒業が早くなったということでも返金されることはありません。合宿免許の最短平均的な日数は、目標として努力してみるといいでしょう。

本サイトでは、どのくらいの期間か、教習を集中して受ける、免許が短期間で取れる、についてご紹介します。